こんなに使える!一般家庭でウォーターサーバーを導入するメリット

どのウォーターサーバーを選べばいいのかわからないときに

ウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーを利用するときには、メーカーと契約を行います。
この契約によって、ウォーターサーバー本体がレンタルでき、水の配送をしてくれるようになります。

・必要経費
ウォーターサーバーのレンタル料とお水の代金が月々かかります。
レンタル料無料を謳っているところもありますが、その場合条件がある場合があります。
例えば、お水を一定量以上注文した場合はレンタル料無料、などです。

・違約金と契約期間
前日した通り、契約満了までに解約をした場合、違約金が発生する場合があります。

・サーバーの大きさ
単純にサーバーが置ける大きさだけではなく、使用するための動線や、配線なども考える必要があります。
契約したのに使えない、使い勝手が悪いというのが一番もったいないので、しっかりと確認しておく必要があります。

水の種類

水にも色々な種類があります。

・天然水
イコールミネラルウォーターではないため、注意が必要です。
特定の水源から採れた地下水のことです。
その中でもミネラルが溶解したものを天然水と呼びます。
多くの人が飲みやすいと感じるもので、比較的コストは高めの傾向があります。

・ミネラルウォーター
ミネラル分を含んだお水のことです。
天然水は自然とミネラルが含まれたものに対して、人工的にミネラルを含ませたものもミネラルウォーターと呼ばれます。

・ナチュラルウォーター
鉱水や鉱泉水とも呼ばれます。
地下水に加熱処理などの処理をしているものです。

・RO水
水道水、海や川などから採水されたものです。
この水をRO膜と呼ばれる装置でろ過しています。

このようにたくさんの種類の水がありますが、サーバーによって使用できる水が決まっていることがあります。
自分の使いたい水が使用できるサーバーを選ぶと使いやすいですね。


この記事をシェアする